東京の賃貸のマンションが多いエリアと少ないエリア

東京の賃貸のマンションは、大多数が23区に存在します。ただし23区と言っても広いものです。

東大阪市の中古マンション情報ならこちらのサイトです。

そのエリアでは、特に世田谷区などは非常に多くの賃貸のマンションが存在します。

23区全体の約10%ぐらいは、世田谷区に存在するものです。

他にも杉並区や練馬区あたりも、賃貸のマンションが非常に多く存在するという状況です。
ただし台東区や千代田区あたりは話が別です。

人気のある千葉のリフォームの情報を公開しているサイトです。

その地域では、集合住宅などは少なめな傾向があるのです。


荒川区なども若干少なめです。

つまり地域の偏りというものが存在するわけです。なお上記で申し上げたことは、あくまでも東京23区内での話です。

では西部エリアの市部などは、どうなっているのでしょうか。

市部の場合も、物件数に地域に偏りがあります。

例えば、八王子市などはかなり賃貸のマンションが存在しているものです。



それと武蔵野市や町田市や調布市あたりも、かなり多くの物件が立地しているものです。

逆に少ないエリアもあります。例えば西多摩郡や羽村市あたりは、それらの物件は非常に少なめです。

練馬区の新築一戸建てが勢いに乗っています。

また福生市なども、やや少なめなものです。

練馬区にある仲介手数料無料を情報を幅広くご活用下さい。

市部の場合はやはり上記の八王子市あたりに集中している傾向があります。
以上をまとめますと、東京の賃貸のマンションというものは23区内の場合は世田谷区や杉並区あたりに多くの物件が分布しているという訳です。それと市部の場合は、八王子市や武蔵野市などの地域にそれらの物件が多く見られるわけです。

http://www.unido.or.jp/
http://matome.naver.jp/odai/2138119000688135701
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_fr3_000020.html